狐火和

夫婦の日常・狐のお面・告知など。作品の模倣及び、画像の転載禁止。

狐火和 イメージ画像

狐面考

狐面のお話ではありませんが、個人的に駒狐に興味があり、今回はその前掛けについて気になっていたので、簡単にですがまとめてみました。(画像は縮小されていますので、クリックあるいは、タップで拡大すると見易くなるかと思いますっ。)┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈駒
『狐面考・番外編/駒狐の前掛けのお話』の画像

ネズミの天ぷらと釣り狐狐は油揚げが好き、というのはお馴染みですが元はネズミの天ぷらだったそうです。初出は能の〝釣狐〟からだとか。釣狐の狐面は、造形が細かく、かなりリアルで迫力のあるつくりです。いつか欲しいなあฅ‎(⸝⸝◝ﻌ◜⸝⸝)ฅ🌟。:*お話が脱線してしまい
『狐の好物、豊川稲荷の狐面など』の画像

昨日の記事にくっつけていた内容ですが、追記をして、狐面考として分けて載せる事にしました。主人と、たぬき面のお話をしました。。.゚ :✿。.゚ :✿。.゚ :✿。.゚ :✿。.゚ :✿。.゚ :✿。.゚ :✿。.゚ :郷土玩具狐面の色について※今回の内容は、郷土玩具としての狐面を前提としています
『狐面の色と柄のお話②(狐と狸)』の画像

※記載している内容には、例外もあります。今回は、神楽で使用される狐面にいての、追加事項です。✎︎____________神楽での狐面神楽での狐面は、五穀豊穣を祈る場面や、稲の豊作祈願の場面で使用されます。狐面は、動物面の中では植毛がある唯一のお面です。​
『神楽での狐面 追記』の画像

狐面、と一言で言っても色々なものがありますよね。今回は主に〇郷土玩具としての狐面〇舞台で使われる狐面〇番外編の三つに分類して、それぞれについて簡単に書いてみました。郷土玩具としての狐面❶伝統的な郷土玩具の例。青、赤、黄など色鮮やかな配色の、よく見掛ける狐
『狐面の分類について』の画像

↑このページのトップヘ